お絵描きのメカニズム | お絵描きホーホー論

お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
-->

スケッチの研究 〜シルエット〜

塗り絵の研究 〜シェーディング〜

面白くする研究 〜エンターテイメント〜

映像制作の研究 〜テクノロジー〜

音と映像の研究 〜アンビエント〜

その他の研究

お絵描きのメカニズム

お絵描きのメカニズム 第2巻 〜感覚で描く絵、理屈で描く絵〜

お絵描きのメカニズム 第1巻 〜絵は才能でなく根気で描ける〜

うろ覚えポケモンかけるかな? 〜第2フェイズ「脳内イメージの再現」〜

うろ覚えポケモンかけるかな? 〜第1フェイズ「うろ覚え」〜

人体デッサン理論化計画・序 〜シルエットで捉える描き方の意味考える〜

アタリ線を描かないデッサン

右脳・左脳で使い分ける人体デッサンのアタリ線の描き方

人体デッサンを安定させるアタリ線の描き方

安定して人体デッサンするためのアタリ線の習慣化

執筆者

村上豪一

 理論化家。森羅万象を理屈でしか捉えない理屈人間。絵を描き始めた頃に神絵師への劣等感から、絵は才能ではなく理屈で描くものだということを証明しようと閃いた。以後、誰でも描ける方法論を開発して絵が描けることの優位性を滅すべく研究に勤しむ。独自開発の手法は「透視図法解剖図」「対角線分割法」「お絵描きのメカニズム」など。作曲方面も研究中。

アーカイブ

カテゴリー

タグ

[an error occurred while processing this directive] ∧ PAGE TOP